自分たちが求める注文住宅のタイプを取り扱う相談先を見つける

自分の理想実現のための情報収集

自分の理想の注文住宅を建てる時、脳裏に浮かぶのは「漠然としたイメージ」になってしまう方は少なくないと思います。「外壁は〇〇色!家の形はこんな形がいい!」などを先に考えてしまうと思います。このように漠然としたイメージが膨らむばかり…。何から考えれば自分の理想が確立されていくのかわからなくなります。漠然としたイメージが自分の理想と一致しているのか、再確認するための情報収集が必要です。 知人宅や近隣の工務店を巡り、実物の確認や住宅カタログを集め自分の理想を体現するための情報収集をしましょう。そこで得た情報を元に、「漠然としたイメージ」から「理想の住宅像」を確立しましょう。自分の理想の注文住宅を体現するためにも、この情報収集は焦らず、じっくり行うようにしましょう。

施工業者選びは慎重に

「理想の住宅像」の次は施工業者選びです。施工業者によっては、扱っている建築施工方法やラインナップが決まっている業者もあります。注文住宅の場合についてもそれは一緒です。例えば、在来工法と2×4工法(ツーバイフォー工法)。住宅の形が複雑になってしまう場合は、在来工法なら出来るが、2×4工法では難しいなどの条件もあります。自分の理想がどの工法なら実現できるか、また、その工法を扱っている業者なのか、初めにしっかり確認することが重要です。

上記の条件をしっかりと確認し、メリットだけではなくデメリットについても説明をしてくれる業者であれば、安心して任せられるのではないでしょうか。メリットとデメリットを先に知った上で建築する住宅と、建築してから知る住宅では天と地の差です。

分譲住宅は土地と建物がセットで手ごろな価格帯で販売されているため、予算に見合った住宅を購入しやすく、土地探しをする手間がいらないという点がメリットです。