注文住宅とは?

間取りや建築材料まで選べるフルオーダー注文住宅

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーの2種類があります。フルオーダーの注文住宅は、間取りや建築材料などをすべて依頼者が選ぶことができます。そのため、施工会社との打ち合わせに多くの時間が必要です。オンリーワンの家を建てられるというメリットがありますが、建築費用は高くなる傾向にあります。自由度が高い分、設計の決定に悩む場面も多くなるので、話や相談がしやすい施工会社選びが重要になるでしょう。

また、依頼者にも住宅建設の知識を求められるのがフルオーダー注文住宅です。この知識がなれば、住んでみると生活しにくい家になる可能性があります。明確な問題点があれば担当者が別の提案をしてくれますが、住宅における動線の重要性などを知っておくと打ち合わせがスムーズに進みます。

組み合わせを選ぶセミオーダー注文住宅

セミオーダーの注文住宅は、間取りや外観、設備などが数パターン用意されており、その中から選びます。組み合わせのパターンに限りがあるため、フルオーダーと比べて打ち合わせには時間がかかりません。基本となる設計は施工会社がしているので、動線など暮らしやすさへの配慮には問題がないでしょう。依頼者の好みと施工会社のデザイン力が一致するなら、セミオーダーの注文住宅が適しています。

施工会社によっては、用意されているパターン以外の要望に応えてくれる場合もあります。しかし、その場合でも応えられる要望の範囲は施工会社で違いがあるので確認しておくことが大切です。建売住宅に比べて、依頼者の好みにカスタマイズできる点がセミオーダーのメリットでしょう。